メニュー 閉じる

 


ウォータージャンプとは!?

樹脂製滑走用マットを敷き詰めた斜面をスキーやスノーボードで滑走し、ジャンプ台を飛び、水に飛び込む(着水する)スポーツです。
ウォータージャンプは当初、スキーエアリアル競技やモーグル競技のエアー練習からスタートし、スキー場に『パーク』と呼ばれるエリアが増えてきた頃からは、スノーボードのワンメイクジャンプの練習として利用されることが増えました。
近年では選手の練習よりもレジャーとして楽しまれる方が多く、若い世代のスキーヤー・スノーボーダーはもちろん、小さなお子様からお孫さんがいる世代の方まで男女問わずお楽しみいただいております。
着地点が水なので、どんな形で着地しても怪我のリスクが低く、またライフジャケットを着用しますので泳ぎが苦手な方も快適に楽しめるスポーツです。

 
 

ウォータージャンプに必要なもの

 ※以下の物はレンタルでご用意しております。

  • ヘルメット(必須)
    雪山用やスケート用の物で結構です。特に規定はございません。

  • ライフジャケット(必須)
    十分な浮力がある物を使用してください。浮力不足の物は大変危険ですので、
    ご使用をお断りする事がございます。ご心配な方は一度スタッフにお尋ね下さい。

  • 手袋(必須)
    軍手や作業グローブで構いません。水が抜けやすい物がお勧めです。

  • ウエットスーツやラッシュガード・スパッツ等
      夏季>ラッシュガード等は肌の露出を抑えた長袖の着用をお勧めします。
    夏季以外>ウェットスーツで体温を維持します。気温・水温に合わせた形状や厚み。

  • 板・ブーツ
    雪山で使うものと同じです。水が入り痛む事があるため、以前使用していたものや
    ウォータージャンプ用を用意するのがお勧めです。ダリングの必要はありません。

  • オーバーパンツ
    主にファッション性のため着用します。サーフパンツ、ジャージ等でOKです。
    レンタルウェットスーツは保護の為、セットで付いてきます。

  • プロテクター(推奨)
    怪我防止のため、肘・膝・手首のプロテクターを無料でお貸ししております。

ご自身で用意していただくもの

 ※以下のものはレンタルがありません

  • 水着・アンダーウェア
    ウェットスーツやラッシュガードの中に着ます。

  • サンダル
    シャワーや着替えのときに便利です。

  • ソックス(販売有り)
    膝ぐらいまであるスキー・スノボ用のロング丈がお勧め。

  • タオル(販売有り)
 

ご来場時の主な流れ

①受付横にある「施設利用申込書」をご記入下さい。
 初めての方は会員登録となりますので氏名、住所、年齢の確認できるものをご準備ください。

②受付でお会計を行います。
 クレジット・PayPayもご利用頂けます。

 

③レンタルがある方は、レンタルコーナーにて品物を受け取ります。
 プロテクター類は無料貸出です。サイズの合うものをお選び下さい。

④ウォータージャンプご利用者専用の更衣室もございます。

 
 

⑤着替え準備が出来たらいよいよWJですが、K-airでのご利用が初めての方は安全講習を受けて頂きます。

 

⑥WJは見た目以上にハードなスポーツです。疲れを感じたら無理をせず、プールサイドのベンチ等で休憩してください。

初めての方でも安心な安全講習

K-airに初めて来場されたお客様には安全講習を受けていただいております。
施設のルールや遊び方、ブラシ斜面の滑り方や泳ぎ方などの説明をお聞き下さい。
短時間で終了しますので必ず受講をお願いします。

安全講習はいつでも受講できますので、着替え・準備が終わりましたら、お近くのスタッフにお声掛けください。

また、他のウォータージャンプ施設で遊んだ経験があるお客様も施設ごとのルール説明がございますので、必ず受講お願いいたします。